PyCon mini Kumamoto

第1回 テーマ「 未来 」

イベント概要


PyCon mini Kumamotoを熊本大地震の一年後に開催します。テーマは"未来"です。参加者と共にイベントで"未来"を感じたり考えたりできたらよいなと考えています。

また、PyCon mini Kumamoto実行委員会では、KumamotoでPythonコミュニティが定着してくことを目指しています。興味のある方は、 #kumamoto チャンネルに登録 してください。

期待に添えるような、イベントになればと思っていますので、よろしくお願い致します。 スタッフ一同、当日、参加者に会えることを楽しみにしています。


日時 2017年4月23日(日)
会場 熊本大学 工学部2号館
〒860-0862 熊本市中央区黒髪2-39-1
参加数(予定) 100人
参加費 パトロン 3,000円
一般 2,000円
学生 30名無料

参加申込み
スポンサーメニュー
ゴールドチケット3枚
ノベリティ配布
団体・社名読み上げ
大バナーリンク掲載
50,000円(税込)
シルバーチケット2枚
ノベリティ配布
団体・社名読み上げ
大バナーリンク掲載
30,000円(税込)
ブロンズチケット1枚
ノベリティ配布
団体・社名読み上げ
大バナーリンク掲載
10,000円(税込)
2017年1月末頃、担当者から連絡致します。
スポンサー費用は、遠方支援、学生支援や実行員の運営活動費として利用致します。
スポンサーも一参加者として、イベントを盛り上げて頂けるようご協力をお願い致します。
別途、ご要望がございましたら、柔軟に対応します。

スポンサー申し込み
PyCon JPのブログやSNSなどでもスポンサーの告知を行います。

企画説明


企画名 内容
キーノート 基調講演、今回はGoogle Developer AdvocaterのIanさんのお話しが聞けます。(日本語で行われます)
トーク 30分8トーク準備します。
学生トーク 学生に15分2トーク枠を準備します。
ランチディスカッション 参加者と気になる共通のテーマにそって、話す時間を設けます。スピーカと話をする機会になどにも活用してもらえたらと思います。
記念撮影 参加者全員で撮影をおこないます。
クロージングLT 一人5分の持ち時間で、5人の方に好きなことを話してもらいます。
ジョブボード ホワイトボードを準備します。求人などのお知らせがあれば、こちらに掲示してください。
ランチ ランチは、お弁当を準備します。
遠方者支援 予算の範囲で、上限5,000円で遠方者からの参加者の支援を行います。

キーノート


Ian Lewis

Ian Lewis is a Developer Advocate working for Google on the Google Cloud Platform Team in Tokyo, Japan. Ian focuses on Kubernetes, Go, Python, but touches almost every part of the cloud, from Big Data, to Networking, to Machine Learning. Ian is a founder of PyCon JP, the largest Python event in Japan.

プログラム


時間 大ホール 教室
9:30 - 10:00 受付
10:00 - 10:15 オープニング
10:15 - 11:00 キーノート
Ian Lewis
概要
11:10 - 11:40 まだ見ぬバグゼロという未来(初級)
新井 正貴
1.SQUEEZEの過去(テストを書く文化がない/バグ修正が新たなバグを生む/and more)
2.取り組んだ施策
3.SQUEEZEの現在
4.バグゼロに向けて残っている課題
5.まとめ
スライド
kivyの利便性や有用性(初級)
齋藤 大輔
KivyはGUIやNUIを開発するためのライブラリーである。
本プロポーザルは、当該ライブラリーの基本的な使い方を中心に解説し、
メリットやデメリットについても触れたいと思う。
加えて、日本におけるKivy中心のコミュニティ活動についても取り上げる。
11:40 - 12:10 PythonとBI基盤ではじめるPyData入門〜福岡ソフトバンクホークスを添えて(初級)
Shinichi Nakagawa(野球の人)
目的とデータに合わせたPythonの使い方
2017年の福岡ソフトバンクホークスはどれほど強いのか
DjangoのDB migrationがどういうしくみで動いているか(初級)
野中 哲
-
12:20 - 13:50 ランチディスカッション
14:00 - 14:30 すぐ始められる、Pythonの環境構築(初級)
寺田 学
Pythonを学習したり、システムに組み込んだりする際の環境構築のベストプラクティスを紹介します。
ボイスインターフェースの現状(仮)と、pythonを使ったフレームワーク(flask)でAmazon Echoがレスポンスを返すまで。
堀田 直孝
ボイスインターフェースの現状(仮)と、pythonを使ったフレームワーク(flask)でAmazon Echoがレスポンスを返すまで。
14:40 - 15:10 数理モデリングからはじめるPython数理最適化(初級〜上級)
Retty Inc. Data Scientist 岩永二郎
入門編として数理モデリングの考え方、および数理最適化問題の解説を行い、実際にPythonライブラリのPuLPを使って問題を解く方法を紹介します。また、応用編として数理最適化のビジネス上のケーススタディも紹介する予定です。

本セッションは、参加者のみなさまに
・数理モデリングの考え方
・数理最適化問題とは何か
・数理最適化の応用
についてお伝えしたいと思っています。
Pythonistaの使いかた
jbking
iOS上で動作するPython開発環境としてPythonistaというアプリがあります。
これは単なるPython実行環境+エディタという枠を超え、 よく使う著名なサードパーティモジュール(numpy, requests, beautifulsoup4, bottleなど)や iOSネイティブの機能を使うための独自モジュール(BLE, UIなど)をバンドルし、 簡単なホビーアプリやプロトタイプ作成から本格的なアプリまで書くことができます。
このトークでは基本的なPythonistaの紹介から、実際に開発をするときのプラクティス、 どんなことに使えるのか具体的な使いみちの提案をします。
15:20 - 15:50 科学技術計算用言語としてのPython&Webアプリ作ろう(中級)
矢野 高宏
(1)科学技術計算用言語としてのPython
* matlabからnumpyへ
* Python+OpenCV
* DeepLearningはPython
* 軽くお仕事の話

(2)Webアプリ作ろう
* djangoとはこんなもの
* 海外のdjangoの先生すごい!Pythonのコミュニティ良い
* PythonWebアプリのLearningPath
* 2週間でWebアプリが作れた!
* プライベートでWebアプリ作ったよ
* pythonやろう
データ分析現場におけるPython活用事例の紹介
真嘉比 愛
データ分析 x Pythonの事例が増えていますが,実際にデータ分析会社でPythonをどのように活用しているのか紹介します!
15:50 - 16:00 記念撮影
16:00 - 16:30 クロージングLT 1枠5分x5枠
当日、受付にて募集します。
16:30 - 16:45 クロージング

宿泊


熊本駅 周辺
ホテルニューオータニ熊本 マップで見る
JR九州ホテル熊本 マップで見る
東横INN 熊本駅前 マップで見る
ホテル ルートイン 熊本駅前 マップで見る
交通センター 周辺
リッチモンドホテル 熊本新市街 マップで見る
アパホテル 熊本交通センター南 マップで見る
ホテル クラウンヒルズ熊本 マップで見る
東横INN 熊本交通センター前 マップで見る
KKRホテル熊本 マップで見る
コンフォートホテル熊本新市街 マップで見る

会場までのアクセス
実際の料金と異なる場合もありますのでご参考までに.

熊本駅から
約26分,310円程度

産交バス : 楠団地、武蔵ヶ丘など (子飼橋経由)「熊本大学前」下車
都市バス : 第一環状線 駅2 (大学病院・大江渡鹿経由)「子飼橋」下車徒歩10分

交通センターから
約17分,230円程度

産交バス : 楠団地,武蔵ヶ丘など (子飼橋経由)「熊本大学前」下車
電鉄バス : 楠団地,武蔵ヶ丘など (子飼橋経由)「熊本大学前」下車

熊本大学 交通アクセス&キャンパスマップ

PyCon mini Kumamoto 実行委員会メンバー


実行委員長 @KatsuhiroKU
スタッフ @kiyotaman @calmeryme

スポンサー


ゴールド


シルバー


ブロンズ